読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こすげのブログ

金髪エンジニアのブログ

【日常】そして本を購入しました

久しぶりに池袋へ行ったのでWiMAXと契約した帰りにジュンク堂に行って以下の本を買いました。

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

珠玉のプログラミング―本質を見抜いたアルゴリズムとデータ構造

珠玉のプログラミング―本質を見抜いたアルゴリズムとデータ構造

買った理由だけでも忘れないうちに書いておこう。

買った理由

この本達の存在はかなり前から知っていました。

とてつもなく有名な2冊なので。

流石のジュンク堂なので、なんでもありました。

最近の流行りは機会学習らしく、その関連の本がたくさんありました。

しかしその中にリーダブルコードが置いてありました。

たまたま昨日、この本の紹介記事を読んだので頭に残っていたのかと思います。

なので手に取り、パラパラめくり、買いました。

珠玉のプログラミングに関しては、この本を読まないでプログラマーなんて名乗るなみたいな記事を読んだ事があり、アマゾンのお気に入りリストには入れていたものの、今日初めてお目にかかれました。

これもパラパラ読んで買いました。

という事で、一冊ずつ紹介していきます。

読みやすいコードを書けるようになりたい

我が社はインターン生を積極的に雇っています。

そして仕事を振る事もあります。

そんな時、インターン生の最高の参考書が僕が書いたソースコードでありたいなと思っています。

新しい言語を始めるにしても、アプリの拡張であっても処理の内容は浮かんだから、どう書こうみたいなフェーズがあると思います。

漠然とした悩みみたいなものです。

変数名やクラス名に時間をかけるのと一緒のやつです。

そんな時に、答えにならなくてもヒントになれるようなソースコードを書けるようになりたいなと。

なのでリーダブルコードを買いました。

これを読むだけでは意味ないので、しっかり吸収して、いつかインターン生から指名される(こすげと仕事したいとか言われる)ようになりたいと思います。

アリゴリズムというやつにとても弱い

今まで動けばいい精神でやってきたので、ライブラリやら用意された関数やらで作ってきました。

(と言う事は分かりやすくないといけないのですが)

しかしそろそろ次のステップに進みたいなと。

別の着眼点も持ちたいなと思っていた頃に、珠玉のプログラミングの紹介記事を見ました。

まぁAmazonで買えば良かったのですが、AmazonではAmazon以外の出品から買いたくないものでして。

なので色々探してやっと出会えた本になります。

この本を読んで、化けれるか、レベルアップ出来るかは分かりませんが、本を読んだところ文字間隔やら太さなどのレイアウトが読みやすかったので、読み切ってみたいと思います。

終わりに

やっぱ技術書はKindleではなく、本に限ります。

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

珠玉のプログラミング―本質を見抜いたアルゴリズムとデータ構造

珠玉のプログラミング―本質を見抜いたアルゴリズムとデータ構造