こすげのブログ

金髪エンジニアのブログ

【風呂】風呂入ってた時に考えたこと

今作ってるアプリの振り返り

Swiftでアプリを作ってるんですが、そろそろ終わりそうなので、振り返りしてました。

考えてたことは主に2つですかね。

  • Objective-Cを使ってたら(もっと)早く完成していたか
  • Swiftでやっておきたかったこと

と言うことでまとめておきます。

Objective-Cを使っていたら(もっと)早く完成していたか

これは確実にNoと言えます。

変わらなかったかと。

理由はいくかあって

  • 全てをSwiftで書いたこと
  • 使うライブラリが少なかった
  • 途中からSwiftに慣れた

が挙げられると思います。

全てをSwiftで書いたこと

当たり前なのですが、今回はSwiftで書くと言うことにとことん拘りました。

API叩くのもいつもならAFNetworkingを使いますが、今回は自作しました。

そっちの方がSwiftの書き方とかクセを覚えられるかなと思いまして。

僕、今まで複数の言語で開発していたのもあるので新しい言語に対する壁みたいなものは感じません。

だからSwiftで書き続けたことで途中からすげースピード上がりました。

使うライブラリが少なかった

まぁ自作したのもありますが、本当に少なかったですね。

swit-jsonSDWebImageReachabilityくらいです。

だからObjective-Cとの互換とか考えませんでした。

途中からSwiftに慣れた

これが一番大きかったのかなと。

Objective-Cにも良さがあるのですが、やはりSwiftの方が僕は楽だったという事です。

拘り続けて良かったと思いました。

Swiftでやっておきたかったこと

関数型というやつにチャレンジしたかったなと。

あとは開発が7割ほど進んだ段階で見つけたBright Futuresというライブラリを試したかったです。

このライブラリに関しては以下のスライドを確認下さい。

これは次にでも使ってみたいなと思いました。

終わり

半分は書きながら考えている事なので、そこまで長風呂ではありません。